April 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

酢について2

http://info.nagomu-clinic.com/?eid=120

 

前回、酢、vinegarについて書いたのが上記です。

 

でも色々試してみて、Carnivalのフランスの酢はイマイチな様な??

 

日本の酢は、”きび酢”、つまり、サトウキビから作った酢が圧倒的にいいようです。酢は、ミネラルの吸収を促進する、のですが、きび酢は、それ自体にも、ミネラルが多く含まれます。実は、継続して飲むことで、多くの疾患が治癒しているらしいです(最近は法律でそういうことを謳ってはいけなくなったのですが、でも、高血圧はマグネシウムを補えば改善することが多いし、インスリン感受性だって、クロム、バナジウム、亜鉛、甲状腺はセレン鉄亜鉛。。。などミネラルが改善されることで治ってしまう疾患も多いのかも?これだけが問題ではにかもしれないので一概には言えませんが、摂っていて損はないですね)。

 

最初のブログに載っている、かけろま、はどこぞの料理学校の先生が勧めてしまった故に、今は、品切れ。次の瓶を開けるまでないそうです。たしかに、酸っぱいのが苦手な人には、かけろま、はいいです。でも、他のメーカーのきび酢もいいです。

 

ナチュラルハウスや、渋谷の東急Food Showの、成城石井にもひっそりと置いてあります。

 

酸っぱいの苦手な方は、小さじ1を投入30ccと混ぜどろっとなったのをのむとヨーグルト的な感触でなんとかいけるらしいです。

 

他にも、いりこをつけておく、ちりめんじゃこをつけておく、水で戻した切り干しだいこんを1センチに切ってつけておくなどの食べかたもあります。

 

 

私のオススメは、マリネです。

人参玉葱セロリ、パプリカ、大根、などの千切り野菜を塩でしんなりさせ(以前は、ゲランドのグレーの塩でしたが、最近はヒマラヤのピンクソルトにはまってます)、酢と塩胡椒、油(ここで荏胡麻油とか、シソ油とか、オメガスリー系を使う、くせが強すぎる時はMCTオイルで薄める、いづれも腸の炎症をおさめるオイルです)でドレッシングを作り、つけます。

だしが出るように、イワシや鮭のソテー(あえて揚げたものにしないで焼いたものにしてみます。衣をつけるなら、米粉やすりごま)なんかを足したりすると、美味しいですね〜。生ハムとか鳥の胸肉の蒸したのとかでもいいと思います。ケイパー、ナッツ、リンゴの千切り、ドライフルーツなんかを入れておいても面白いと思います。

 

これ、空き瓶に詰めて、層にしてみると、メイソンジャーみたいな感じで美しいですよ。紫キャベツ、紫玉ねぎ、紫の大根、古代種の人参なんか色が綺麗で、うっとり、楽しい!(千切りは下手でもおいしくできます)

 

まだ、先週の診察のまとめと今週の診察の準備が残っているので、この辺にしておきます。

 

今年は、楽しく過ごす、ことを一番にする予定です。まず、自分自身を幸せにしてあげないと:)

 

それではごきげんよう。

 

 

12345>|next>>
pagetop