December 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

花粉症の考察

自分のことを例にとるというのもどうかと思うのですが、考察する過程なんかが興味深いこともあると思いますので、書いてみました。

 

今年は、いきなり数年来のひどい花粉症の鼻水で、面食らっています。どうしてかな〜、と考えるといくつか思い当たることがありました。

1.歯の根の治療中(炎症を起こしている)

2.食事の乱れ;世界一!くらいの美味しい餃子を先日、阿佐ヶ谷で食べてしまった!のですが、その後、ねむれなくなったり(中華料理症候群と言われる、グルタミン酸ナトリウムの過剰摂取かな?と思ってます。不眠以外にも精神神経症状色々出ることを体験。でも、神経興奮して不眠になったため、机の上の雪崩が起きそうなお山が片付いて。。。だいぶ低くなりました)、便秘になったり(小麦??この後パスタも食べる機会があり、普段、グルテンフリーでパスタも米粉にしているので尚更症状出やすかったかも)。。。

3.もしかしたら、花粉以外のものが飛んでいたかも。(ケムトレイルとか)

4.昨年から自転車通勤を始めた

 

そこで、花粉症がひどい場合にこんなのが悪化因子として考えられるかな、と少し考えて見ました。

 

その人の要因

普段からの炎症がある(多いのは、口の中、上咽頭、腸)

疲れている(今年の冬は、気候自体寒かったのでそれで体が疲れている、インフルエンザなど罹患してつかれている)

寝てない

食生活が乱れた などなど

 

外的要因

花粉がたくさん飛んでいる

花粉を受け取る状況にある

 

むやみに強いお薬を使用せずに、要因を考えてみましょう。その方が、対策も瞽滅法(めくらめっぽう)にならないと思います。

 

追記

どうも原子力発電をしなくなり、火力発電の割合がまた増えたので、煤煙がとんでいる性という話も聞きました。省エネルギーといっていたのは束の間でしたね。やはり、安全なクリーンエネルギーや資源を大切にすることに意識を向けたいものです(4月3日)

12>|next>>
pagetop