October 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

重金属のケアをして疾患が改善した人.1

重金属のケアをして改善する疾患はたくさんあります。皮膚疾患もたくさんあります。たまたま今のところアトピー性皮膚炎の方が多いですが、掌蹠膿疱症、尋常性乾癬、円形(全頭や全身に至る特にシビアなケース)脱毛症にも効果はあります。

 

皮膚疾患の場合、歯科金属を除去するだけで軽快するケースが、9割くらいあると思いますが、しっかり準備ができていないと、かえって悪化したり、別な症状や湿疹が出たりすることがありますので、きちんと体を整えてから始める必要があります。

 

また、歯科金属を除去しただけでは不十分で、その後、体に溜まった重金属を除去することで(5月に少し書きましたね)、さらに軽快していくケースもあります。

 

先日、30代の女性から、”先生のところに通い始めてから、明るくなったって言われて”で、”そして、少しずつですが、体毛が生え始めてきたんです”と嬉しいご報告をいただきました。

 

どんなことをしたか振り返ってみますと

1。まず、漢方と食事指導で元気になっていただきました。低血糖がベースにあったので。

 

2。オリゴスキャンと、毛髪ミネラル検査で、重金属の蓄積が疑われ、

 

3。有機酸検査でグルタチオンを作れていない印象でした

 

4。もともと低血糖などがベースにあったし、活動的でミトコンドリア元気!!みたいな感じではなかったので、負担の大きい点滴のキレーションではなく(多分こっちの方が、結果が明確に出やすいですが、体の負担も大きいので)、じわじわ結果が出る自然キレーションの方を選択しました。

 

グルタチオンを飲みつつ、クロレラを飲んでいただきました。

 

(うちで扱っているリポゾ−マルグルタチオン、八重クロすごく質がいいんですよ)

 

大人になってから、ニンニクとか、硫黄含有してるものは苦手なんですよ、とのことで(多分硫黄の代謝のところに遺伝子変異があること(SUOXのSNIPS、多分ヘテロ)が予測されます)、グルタチオンも少しずつ内服しないといけないらしいのですが、これが良かったようです。

 

グルタチオンの半減期はたったの12分(1時間もないんですよ!)なので、1日何回かに分けて少しずつ内服した方がいいようです。(今日、たまたま、勉強会で知りました)この方、自分に適するやり方をすることで、グルタチオンの効果を最大限に引き出していたんですね。

 

明るくなったね、と言われるのは、元気になったので、大きな声が出るようになったこと、そして大きな声で笑えるようになったからだそうです。

 

よかった。経過報告です。

 

 

 

 

 

 

12345>|next>>
pagetop