November 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

ビタミンB12

たまたま調べる機会があったので書きます。

 

クリニックで採用しているサプリの中にhydroxy B12というのがあります。

 

保険適応のメチコバールは、メチルB12(コバラミン)。あえて hydroxyにして、メチル化とか、アデノシルへの変化は、個々の体の中で行える、前駆体の形です。

 

 

B12といえば、大球性貧血に投与したくなるサプリ。採血検査の、MCV>100の人や網状赤血球(retic)>1.0%の人は、一度は試してほしいサプリです。細胞膜をしっかり作ってくれるので、改善するんですね。

 

B12は、動物タンパクを摂取することでとれますので、ビーガンは、必ず補った方がいいサプリの一つです(よくお肉も食べてね、と話すのは、B12もとってほしいからという意味もあります)。

 

50歳以上の人は、吸収が悪くなるので、摂取した方がいいとも言われています。

 

・神経系のサポートもするので、試してみる価値あります(ビタミンB12は、神経細胞の周りのミエリン鞘の保持と神経伝達物質の合成に不可欠。)

 

・体内でアミノ酸を合成するのにイニシエーションになるアミノ酸がメチオニンですが、これを作るのに、B12は必須。

 

そのほかにも効果がたくさんあります。

脂肪やアミノ酸が、サクシニルCoAエネルギー産生のためクエン酸回路に入るところにも、b12(またの名をコバラミンといいます)は必要になります。下図赤矢印。

 

これってつまり、脂肪の燃焼にも必要ってことです。


脂肪の燃焼=ダイエット


です!

ちなみに、キシリトール入り、チェリー味で、なんだか美味しいサプリなんです。。。(本質的なことでは決してないっです)水溶性ビタミンなので、過剰になることはないです。たまに、メチル基が悪さをする個体もありますが、ヒドロキシなので、その点も安心。

 

 

 

 

pagetop