April 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

新型コロナウイルスCOVID-19のこと-2

連日いろいろな(医学的)情報が入ってきて、頭が飽和状態です。


なんだか経済にまで大きな影響がでて裸の王様のような感じもしないではないけれど、高齢者など免疫低下をケアする呼吸器内科が主に大変?


風邪のウイルス🦠なので、拡散防止なんてできるのかなあ?とも思うのですが(日本ならできるかも)、なるべく広げないことにできるだけ協力はしようかと思います。


それと免疫力アップしてかからないようにするにはどうしたらよいか。


1、ビタミンDの血中濃度をあげる


武漢と北イタリアですご〜く流行っちゃったわけですが、どちらも、実は大気汚染がしっかりあったようです。


https://news.sky.com/story/nasa-images-show-coronavirus-shutdown-has-cleared-china-pollution-11946759?dcmp=snt-sf-twitter 


https://www.severe-weather.eu/recent-events/covid19-significant-drop-nitrogen-dioxide-italy-mk/ 


そして、大気汚染があるとビタミンDの血中濃度へるよ、という報告。

あ、英語です。


https://vitamindwiki.com/Air+Pollution+reduces+Vitamin+D 


うちのクリニックで採血してる、25OHDっていうのが、ビタミンDの血中濃度です。これ、至適濃度、一定の見解がないのですが、ウイルス感染予防には、40くらいかな?


20以下の人は、日向ぼっこまたは、サプリを。日焼けは皮膚の老化を促すので、サプリ?


同じ量をのんでも、遺伝子によって血中濃度上がりにくい人もいますから、採血しながら飲む方が今はおすすめです。


ビタミンDは、細胞と細胞の隙間をくっつける接着因子を強化します。だから、免疫の他に、腸にも皮膚にもよいです。


他にも、抗酸化で、ビタミンC、リポゾーマルグルタチオン、乳酸菌などもいいのですが、とりあえずビタミンDをあげておきます。花粉症にもよいです。


甘いもの、控える


体温あげる、体のバランスをとる、というので、漢方もよいです。


究極のところ、やはり、だれでもDだけ飲めばいい、というのではなく、やはり、個々の体にあった、サプリや漢方を内用する、というのも大切だと思います。


2. コロナに関しては、患者さんのカリウムが下がってるケースが多いとのこと。野菜不足な人がかかりやすいのかな、と類推しております。



最後に

こんな挨拶になっていること(ちょっと笑っちゃう)。フランスでさえ、ビズは控えることとのこと。


中国もイタリアフランススペインも軟禁状態らしいです。

https://www.gif-vif.com/Alternate-to-handshake/?fbrefresh=23 


pagetop