August 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

おちこまないために

精神科の友人からの、シェアです

 

ロックダウンに遭っているBloombergの北京駐在政治記者さんのメンタルの保ち方のツイートが良かったので訳してみました。ご参考まで。

 

これうつ病の療養のコツにも似ているように思いました。くだらないことも含めたコーピングスキル大事。なるべく多いほうがいい。自分を責めない。だらだらしよう。メンタルやばいときにはSNS見るな。

 

https://twitter.com/PeterMartin_PCM/status/1243125568230612992

 

ロックダウンで気が狂いそうですか?

 

気持ちはわかります。 私はこの2ヶ月間、北京にいました。同居人は去って、私の家族とは何千マイルも離れています。

ロックダウンをましにする方法を考えています これは誰にでも当てはまるわけではありませんが 私にはうまくいっています。

 

1) 物事は良くなる、ということを知る。

 

最初の数週間はかなり抑圧感がありましたが、今ではすっかり慣れました。

たとえロックダウンが予想以上に長く続いたとしても、新しい環境に慣れ、あなたの仲間とより快適にいることができるでしょう。

 

2) 日課(ルーティン)を持つ。それをあなたが気分が良くなるようなことで満たそう。

 

それは、家での運動や料理、新しいことを学ぶことかもしれません。心が落ち着くテレビ番組でもいいかもしれません(私は「The Office」と「Parks and Rec」をまた観ています)。あなたはあなたの仕事をやってしまおうとするでしょうが、仕事だけに目がいくようにはならないでください。

 

3) テクノロジーには気をつけよう

 

愛する人の写真を見たり、ビデオ通話をしたりすることで、この経験全体がより楽なものになるでしょう。誰かが元気にやっているよと言うのを聞き、それを自分の目で見るとだいぶ違います。そのことを過小評価しないでください。


 

その一方で.... 私のソーシャルメディアのフィードは、不安を煽る暴言や破滅を拡散する輩でいっぱいです。

私は仕事にソーシャルメディアが必要なのですが、仕事が終わったらツイッターからログアウトするようにして、フェイスブックでの時間を制限しています。これは助けになります。

 

4)あなたの生活を良くする、小さな変化に感謝する。

 

北京の私がいる場所では、ほんとに少しの人々しか通りにいませんが、見知らぬ人同士が通り過ぎる時は互いにうなずきを交わし合います。小さなことですが、美しい光景で、私が育ったイングランドの小さな町を思い出させてくれます。

 

5)常に生産的でない自分を嫌いにならないこと

 

私たちはオフィスで過ごしていると、その時間はすべて充実していると思い込んで自分を騙しています。しかし、そうではありません。家で一日過ごしていると怠惰な時間もできますが、それはそれでいいのです。たとえその時間にYouTubeを色々観てしまい、自尊心を損なうようなことがあったとしても。

 

6)自分がストレスを抱えていることを受け入れる

 

あなたは自分自身のことを心配しています。あなたの家族、友人、世界のことも。恐怖感が宙に漂っています。それを感じてはいけないんだと思わないように。友達と話そう。書き留めよう。瞑想しよう。運動もいい。対処するために必要なことは何でもしよう。

 

7) ストレスについて話すとき、自分より他の人(医者、高齢者、社会的に孤立している人)の方が辛い思いをしているのに、自分は自分の感情にとらわれてしまっている、と罪悪感を感じないようにしよう。

 

あなたのストレスも現実なのです。そして、それに適切に対処しなければ、他の人をサポートすることはできません。

 

8) 本当にくだらないと感じ、落ち込んだら、オフの日を持つ。

 

それでいいんです。そうしなかったら、なんかおかしくなるでしょう。休みを取ろう。何もしないこと。リラックスしよう。
その日が終わったら悪かった日の下には線を引いて、明日から新しい日にしよう。

 

9) 普段あまり連絡を取らない人に手紙を書いて、どうしているか聞いてみる。

 

人々が私のためにこうしてくれたときは本当に感動しました。他の人は、あなたが手を差しのべると感謝してくれます。社会的な接触と連帯感は、おそらくあなたも良い気分にさせてくれるでしょう。

 

10) 何よりも、寛容であること。

 

私たちはみんなストレスを感じています。対処法はその人の数だけあります。そして、私たちは誰もが、もういっぱいいっぱいだという瞬間を経験しています。


あなたや他の人がいつもの通りに生きられていないと感じたら、そこから抜けでて、またお気に入りのくだらない番組をだらだら観ることに戻ってみてください。終わります。

comments

   
pagetop