May 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

軽微な風邪症状があり、自宅安静の時すること

では、自宅安静の時、どのようにして回復を試みるか?

 

 

かかってるのかどうかもわからないのに、どうしようもない!と思ってしまいがちです。一般的なウイルス性の風邪に対する方法を書きます。

1.温める(風邪の時に熱が出るのは、ウイルスを殺すための体の防御反応(体が戦っている反応)です。

 

このときに熱さまし(消炎鎮痛剤)を飲んで(おそらく十分に熱を上げていない)いると、若い人でも死亡に至ることあがるようです(あっという間に肺炎になるとか)。

 

むしろ、漢方薬が奏功すると思います。一般的には、麻黄湯や葛根湯で体温を上げしっかり汗を掻くのが大切です(汗が出るまで30分おきに湯と一緒に飲む)。でもなんだかくすぶってるとか、吐き気もして気持ち悪〜い時は、処方が違います。普段から胃が弱い方も、香蘇散とか参蘇飲とか桂枝湯にしておいた方がいいでしょう。

 

なんかわかんないけど怪しい〜という時も桂枝湯。葛根湯は蕁麻疹にも有効だったり、葛根湯は桂枝湯は肩こりにも良かったりします。

正確には、個々にあった証に応じての処方になります。

漢方は、風邪症状に対してすごくたくさんの方剤があり、風邪の時期によっても方剤が違ってきます。

 

*市販の漢方薬と、医療機関で処方する漢方薬は、有効量が違いますので注意

受診の時、余裕があれば追加で処方します。

湯冷めしてはいけませんけど、熱い湯に浸かり、そのまま布団に入る、というのも有効。水分をよくとり、汗をかきましょう。暖かい湯を飲むというのも良いです。

 

2.

抗酸化物質をたくさんとる

ビタミンC をたくさんとる。徐放剤とかでなけれな、これも30分おきに内服です。感染している時はいつもの1000倍必要になります。ビタミンCのいいところはとりすぎてもいいこと。点滴もいいです(自費)。


タイミング合えば、クリニックで点滴しますが、その前に溶血しやすくないか、とか調べてからでないとやりませんので、元気なうちにご相談ください。



ここでエノキ氷をとってもいいことになります。エビデンスは聞いたことがないですけど。

グルタチオンも良いと思いますが、これは一度にとりすぎない方がいいです(大さじ2を3日間まで。その後少し休みます。モリブデンなど補う必要あり)。

亜鉛も摂取した方がいいです。でもこの切羽詰まった時期に消化するのかな?ケルセチンも一緒にとってください。

 

普段から摂っておいた方がいいのは、ビタミン、A, (C,) D, E,亜鉛、(セレン、鉄)など。個々に必要なものは異なります。

 

 

3.エッセンシャルオイルの吸入 

簡易な方法としては、湯呑みにお湯を入れ、精油を垂らし(ユーカリ、ローレル、ラバンサラ、コパイバなど)濡れタオルで覆い、その一部をひらいて肺の奥深くに吸入します。一度にしすぎるとむせますので要注意。2分ほど深呼吸を繰り返します。

精油は分子量が小さいくて抗菌作用があるので、サポートするかもしれません。

喘息など基礎疾患を持ち、気道を刺激してはいけない人は慎重にしてください。

 

ただ、 Covid−19に関しては、すごく感染しやすいので、この時反応性に咳をすると、他の家族にうつす可能性もあるので、お風呂場など、すぐお湯をかけて流せるところでした方がいいかもしれません。咽頭ぬぐい液のPCR検査でさえ患者を増やした、とのことでしたから。。。

 

エドガーケイシーのページを見ていたら、アップルブランデー(カルバドス)を容器に取り、ストローで、その気化したものだけを肺の奥深くまで吸入する、というのがありましたけど、これも肺のアルコール消毒?決して飲んではいけません。そして、この流儀の場合、りんご由来のブランデーだそうです。ラム酒しかなかったのでやってみましたけど、効果ありそうな感じもする反面、気道が乾燥する感じもありました。アップルブランデーが手に入ったら比較してやってみます。これも品薄💦


 

4.食事は、消化しやすいものを取りましょう、消化にエネルギーを持っていかれるといけませんので、無理して食べないこと。参鶏湯のスープの部分みたいな、のがおすすめです。スープに関しては、以前のページにも書いています。

 

私は皮膚科医ですし、あくまで一般的なウイルスの風邪に対する対処です。誤って解熱剤を飲んでしまうよりはいいかと思い書いておきました。

 

comments

   
pagetop