July 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

マグネシウム3 摂取するには

マグネシウム1の記事で、示唆してた撮り方のまとめをしておこうと思います。


1.口から 2.皮膚から


1. a. 塩でとる

マグの圧倒的に多いのは、ぬちまーす、です。でも、いろいろな塩、表示みて試してください。


私はグレーのゲランドの塩、好きです。これ、他のミネラルやなんかも入ってるのか、スープに使うとブイヨン要らずなんですけど気のせい?


ただ、一説によると海の塩はマイクロプラスチックで汚染されてる、という考えもあり、岩塩の方が良いのかもしれません。


ヨーロッパは、オーストリアに、ザルツブルクというまちがありますが、ザルツって塩の意味で、まさに、あの辺りには、岩塩がたくさんあります。あの辺の人は野菜あまり食べないのですが、おそらく塩で健康維持してるのではないかと類推しています。

もしあの辺にいく機会があったら、バードイシュルに立ち寄ってください。温水プールがあるのですが、塩の温水プールなのです‼海に行けない皇帝が保養のため作ったとか、歴史も面白いのですが、ここの温水プールに入ると肌が柔らかくなる!とご一緒したヨーロッパの方も感動してました。ついでにここでオイルマッサージうけると、岩塩と精油(ユーカリグロブリュスと思います)の組み合わせなんです。精油だけのマッサージより、凝りがより取れやすく、さらに、数日後まで、少しずつ凝りがとれてくのよ〜とおばさんが言ってました(ここのは、ヨーロッパにありがちな、若い子がチャラチャラやるマッサージじゃありません)。実際、温まり、浸透するような、至極のマッサージ❤

柱も塩だったりして、マイナスイオンたっぷりな感じです。


すみません。脱線著しく…。わたし、温泉のことだけでも本がかけるかも…💦。


1bリキッドでとる

とりあえずクリニックにおいてあるものは、塩よりナトリウムが少ない液体のマグです。


1cサプリでとる

トレースミネラルコンプレックスというサプリに入ってます。これは比較的取りやすいです。ほかのミネラルも入っているので、インスリン抵抗性(血糖を一定に保てない)のある人(糖尿病の人含む)にも勧めてます。


マグそのもののサプリもあります。でも、ほんと、吸収難しいのです。胃酸中和しちゃうし、下っちゃうし。いろいろ、試してください。


1d マグネシウム歯磨きでとる

口の中でジェル状歯磨きが粘膜から吸収されます。この歯磨きペーストマグの炎症収める作用が働き、歯の痛みとれます。美味しくないけど…いや、本来歯磨きペーストに美味しさを求めるべきでは無いと思います。


2. 経皮的に

a. エプソム塩

マグ2に書いたので略


b. スプレー

入荷してないけど、各種あります。でも、エプソム塩で事足りる?と思ってます。手のひら足の裏に塗って吸収させます。濃いので、普通の皮膚に塗ると痛い!のです。



comments

   
pagetop