September 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

日本の現状5 ミツバチがいなくなったことに気づいていますか?

電車で、皮ごとリンゴを食べているお嬢さんをみたのですが、これ、だめです。続けてると不妊になります。
あ、日本人でなくインド人なのかな?インドのはよいのです。

定期的に盛岡の同じ山にここ何年か登ってますが、みつばちが大分へり、なんか、すこしだけ、普通より小さい体とか、お腹が極端に細いとか、変な形のが、か弱く飛んでます。ハナアブに至ってはこhttp://info.nagomu-clinic.com/manage/?mode=write#editor_helpの頃みたことない。南仏に旅した時は見て、ここにはまだ、いるんだ、と思ってほっとしました。

これは、農薬のせいです。ネオニコチノイド系農薬。この農薬も、EUとか他国では禁止とか、規制許容濃度をさげたりしているのですが、なぜか日本だけ、規制許容濃度を上げたっていうわけのわからないことが数年前起きました。

理解不能。

その結果、みつばちは消えました。

恐ろしいことに、この農薬、洗っても落ちないそうです。その結果、精子の奇形とか、減少も起こしているという話もネットでみました(だから、男子も注意)。有機野菜にかえると、妊娠するようになる、という話も聞いたことがあります。

皮膚への影響は、明確にはわかりませんが、細胞分裂に関わってるってことは、皮膚の再生能力も落ちますから。。。色々起こってきまそう。もしかしたら、脱毛、爪の変形、皮膚が傷つくとなかなか治らない人、ここが絡んでいるかもしれませんね(ちなみに今の医学はこういうところを調べようという方向には向いていないので、現代医学は、万能ではないのです)。

さて、余程進言しようかといつも思うのですが、仮に聞いていただいても、何を食べればいいの?という話になり、有機野菜高いし、なんて話にも発展しそうで、これがよくない、にとどまらず、野菜を自分で作ろう、なんて話になり、それで水光栽培(コレ、この理由以外にも、今年は野菜が高騰しそうですから、いいと思いますが)などもやってるのですけど、電車ですれ違いざまに中途半端にできる話でもないので、心の中でざんね〜ん!と思うだけなのです。

 

でもね、だから、今日 ここに書けてよかったです。

 愛(よく米国人のお友達が お手紙の最後に、LOVEって書いてくれますが、ほんとそんな感じです。無条件の愛っていうのね。)

 

*もしかしたら、岩手県だけなのかもしれません。かわってないよ、っていう人も多いから。でも、本当にそうかな??東京では全くミツバチ見ません。野生の。


*そして、みつばちが減るとともに、森の腐葉土のような、しっとりした香りも無くなって来ています、つまり、土壌微生物が変化しているということ?

土壌の浄化作用も低下しているのではないかと危惧しております。

comments

   
pagetop