May 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

腸を治す4Rprogram・1

腸って、栄養、お薬の吸収にもとても大切ですし、腸の炎症が腸自体の疾患になるばかりでなく、他の疾患も引き起こします。皮膚にももちろん腸のケアは大事!そこで、基本となる、腸のケア方法プログラムを書いておきます。4Rのってるサイトが多く、いろいろ若干違うことが書かれています。

 

何を食べればいいかは人それぞれ違います。ので、これも、アイデアとして取り入れてください。

 

まずは、ヨーグルト食べればいいっていうんじゃないことをまずは認識していただきたいです:)

 

1. Remove

  • まず症状を引き起こしている要因を取り除くこと。例えば、

·      ストレス: ストレスは、消化不良、吸収不全を起こします—特にあまり早く食べすぎたり、食べ過ぎたり、不規則な時間に食べたりしすぎないこと。ゆったりした気持ちで食事をすることも大事。副交感神経は、消化を促しますから、心のストレスを取り除くのも大事。

 

·      避けるべき食べ物を避ける(クリニックで指導しています)

 

·      IgGフードアレルギー検査などでチェックされたものをある一定の期間避け、その後、症状の変化を見ながら二日おきにその食べ物を食べてみます。(クリニックで検査できます)

 

·      病原となるもの: 細菌、イーストウイルス、カビ、カンジダなど腸に関連する症状を生じるものを避ける。(上述、避けるべきもの、に通じます)·     

 

comments

   
pagetop