November 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

(重)金属のおはなし・1

(重)金属について

なかなか皮膚の病気が治りにくいとき、体内に蓄積している金属の影響を受けていることがあります。

 

しばしば、当クリニックでは、口の中の金属について指摘します。最近、水銀化合物である、アマルガムの影響が、一般的にも認識されるようになり、歯科領域でやっとアマルガムの使用が保険適応から外されました。

水銀以外の金属、例えば、鉛、ヒ素、カドミウム、アルミ、フッ素なども生体に影響をもたらすようです。パラジウムも。

*タイトルをなぜ(重)にしたかというと、アルミやフッ素は、重金属ではないからです。

 

アマルガムなどの歯科金属を除去すると、それだけで症状が軽減する人(劇的に変わる人もいます)と何も変わらない人、(一時的に)悪化する人がいます。

 

1.    症状が軽減する人(劇的に変わる人もいます);アトピー、掌蹠膿疱症、自家感作皮膚炎など除去した途端に、まだ、歯科治療が終了していないのに、顔のむくみが取れたり、赤みが取れたりびっくりするほど変わる人もいます。そういえば、ダイエットをすると、皮疹が出てくるという男性がいました。重金属は、脂肪組織にたまるときいたことがあります。だから、ダイエットして、脂肪が分解されるとそれに伴って、重金属の影響が出てくる、この方の場合、皮疹が出てきたのでしょう。そこまでひどい症状ではないので、なかなか歯科金属をとってはくださいませんでしたが、3回目にしてやっと、歯科にいってくださって、アマルガム4こみつかり、取りました。もともと解毒の力はしっかりあった方でしたから、とるだけでもう繰り返さないと思っています。でも、エネルギー代謝がうまくいってるから、もうダイエットもしないかもしれませんね。

 

2.    変わらない人;a.金属だけが問題ではない、b.重金属が排泄できずにいる、または時間がかかっていることが考えられると思います。複合した理由で悪化しているわけで、もう一度、食事や生活習慣を見直すこと、場合によっては、キレーションなども考えます。

 

3.(一時的に)悪化する人;実は、歯科金属は、口の中にあると徐々にとけ出して悪さをするわけですが、歯を除去する際に削るとき、このとき一番全身にひろがってしまいます。こうなっちゃうと、回復するまで時間がかかります。

 

みんさん、1を期待して、歯科金属の除去を行うのですが、3になることだってあるわけです。ですから、当院では、歯科金属を除去する前に、全身の状態をチェックし、必要があれば、整え、それから歯科治療を始めることをすすめています。準備ができて、それでも、歯科治療中に、なるべく歯科金属を吸収しないように治療中もサポートしています。中には、歯科治療をしてから、言葉が出なくなった、という人もいる、と聞いたことがあります。重金属は、怖いのです!

 

今日の言葉;歯科金属除去前に“除去していい体の準備”をしましょう。

pagetop