March 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

リーキーガットになってしまった話・リポゾーマルすごいかも?

9月は、週末すべて、勉強会や、打ち合わせ、会合が入っていて、後半、チョコレートのカフェインであげている、という状態がつづいていたら。。。鼻水が止まらなくなり、腸が動かなくなりました(汗)。ちょっとくらいなら、大丈夫〜と調子に乗っているとそういうことになるのですね〜。本当にちょっとで済ませていればいいものを。。。つまり、腸で炎症を起こしているということ。

 

修復しなくては。。。

 

回復させるには、まず、ファスティング。とりあえず、固形物をやめます。多分カビも増えてるので、みそなんかもお休みで、塩水と酢水(アップルサイダービネガーを垂らした)だけ飲んでました。水にアップルサイダービネガーを垂らした酢水は、胃酸が出にくい方の、間食、食事のサポートに良いです。なぜか、普通のお酢と違います。一本あるとしばらく持ちます。

 

 

 

六君子湯とか、補中益気湯とか脾の気をあげたり、消化管を動かす漢方を飲むのもよいと思います。

 

あとは、ストレスをかけずに、やすんでゆっくりしてればいいのでしょうけれど、それなのに、今日は歯科の予約があったのです。いつも根の治療なので、お薬を交換して終わりなので侮っていたら、今日は麻酔の注射をしての処置が。。。案の定、帰りの電車で吐き気と脱力が出てきて、血の気が引いてきました。だって解毒するエネルギーないんだもの。。。そして、おそらく、ファスティングしてるから、脱水気味。

 

まずい!と思い、クリニックに寄って、リポゾーマルグルタチオンと、リポゾーマルビタミンCをプラズマウオーターでのみ、でもまだ買い物しておかなくてはいけなかったので、お店が閉まる!のでとりあえず出かけ、どんどん悪化するなら、ビタミンCセルフ点滴!と思っていたら、回復しました(うれし涙)。お腹がすいてきたので、18時間以上ファスティングしたので、少し食事をして、プラズマパルサーを受けたら、元気!

 

リポゾーマルタイプのリキッドのサプリは、有効成分を細胞膜と同じ成分のリポゾームでコーティングすることによって細胞内に入りやすくした構造なので、吸収がよい、というのはわかっていましたが、よく考えると、吸収に酵素が必要ない、細胞内どこでも入っていける、、、ということは、口腔粘膜からも吸収されていたのかも?

 

この冷や汗が出て、解毒ができない状態って、でも、何が自分に良くないか、嗅ぎ分けるチャンスでもあります。普段は大丈夫でも、この時、よくない、と感じたものは、特に普段から避けたほうがいいのではないかな?と思います。若干化学物質過敏症チックになっているのか私の場合、やはり、排気ガスはダメです。普段から、マスクをすべき、と思いました。

 

昨日のレクチャーで環境毒の検査の話や、マイトトキシンのお話も聞きましたから、おいおい、載せていきたいと思っています。

 

しかし、昨日のレクチャーでは、副腎疲労の人は、副腎疲労外来をするべきではない、という話が出ており、自分のケアを伝授しているような私は、どうしたらいいんでしょ?と思いましたが、よく考えれば、副腎疲労を日本でお話しし始めた、本間竜介先生ももとは、副腎疲労。コントロールをしっかりして、経験に基づく伝授をしていくのは、よいことなのではないかと。。。夜ふかし気味なのは、もうすでにイエローカードです。

 

続きはまた。。。

 

 

 

 

 

 

 

comments

   
pagetop