July 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

再び骨折の話…精油の力

七月にやりました右足首の骨折のこと、しばらくお休みしていましたが、九月に、いつも行っていた整体に行ったら、’骨折は、受傷一週間くらいから動かし始めないと固まってしまいますよ!’とのことで、スポーツ選手もたくさんみているところなので、こちらの方が実情に沿っていると判断し、遠いのですが、通っています。 

どうも、足関節、変なとこにはまって固まっているので、いつまでも動かせないみたい。

泣く泣くとにかく動かし、通い、という日々が続き、ふと、瘢痕によい、とか、そういえば何年も前のグラース(Grass,南仏)の学会で聴いた

うちの隅に追いやられていた精油を思い出し、マグネシウム入のスプレーとともに、その整体に持って行ったところ’なんかすごいっすね〜、骨折してない左足より筋肉の状態よくなりましたよ〜’と言われました。

精油は分子量が小さいので、皮膚から体内によく吸収されますから、こんなこと、よくききます。

だからこそ、接触皮膚炎にも気をつけないといけませんが。


ちなみに、整体の先生は、スプレーを気に入っちゃって、’僕の手もよくなっちゃった‼エプソム潮もすごいよかったけど、これも、僕の腱鞘炎にいいみたい‼’


スプレーは、皮膚薄い人は痛く感じるみたいなので要注意!


皮膚に関係ないですが、相談したい方にこっそり教えます(保険の時間内だとキーッと気合いいれてお話しないといけなくなるので、自費の予約をお願いします)。


ちなみに、クリニックでやってるハイチャージも腱や筋肉、骨の問題に良いです。


ミトコンドリア動かすので、疲労、代謝性疾患にも、もちろんよいのですがね。

ここきてから風邪ひいてないんです

5歳児のお母さんに

 

’この子、以前は10日に一回風邪ひいていたんですが、ここきてから風邪ひいてないんです!’

 

土曜日に、言われ、スタッフとうれしいね、とお話ししていました。

 

和(なごむ)皮ふ科クリニックは、皮膚科です。でも皮膚の病気、状態を根本からなおす、ことを考えて行くと、全身の他の臓器の調子を良くして行く必要が出てきます。

 

皮膚は、生命維持のためには、優先順位が低い臓器なのでなかなか症状は治まりにくいかもしれません。

逆に、皮膚に症状が出るということは、黄色信号のこともあるわけで。。。もちろん。デルマドロームとか、腫瘍随伴皮膚症候群とかいって、重症な疾患が隠れていて、皮膚症状が出てることもありますけど。

 

乾癬も治ってきたけど、体重も減って、体調もよいです、とおっしゃってくださる方もいます。

 

もう少し詳しい考察は、また、後日。

 

 

 

 

吸収しやすいマグと水素...2

先日の記事の続きです。


マドモアゼル愛先生、水素発生セットとして紹介してました。


http://www.hoshitomori.net/ca0/501/p-r-s/ 


実験したり、吸ったりするのにはいいかも。


保険のお薬カマ(マグミット)は、すでに酸化マグネシウムなので、クエン酸を加えても、何も起こりません。残念。

でも、このお薬を飲む時クエン酸もとると、胃腸のphが酸性に傾くので、効果は出やすいし、腸内環境荒らさないです。

ファ○○ーズの危険性

皮膚炎が起こることは知っていましたが、肝障害や不妊まで?


なおさら、皮膚の疾患治りにくくなりますね。



https://オゾン水.net/生活/febreze/

凛恋

先日、B by Eさんで、レクチャーさせついただいた、お話を書きました。レクチャーに先駆け、いくつか商品をいただいていたのですが、なにせ、美味しいものは一番最後にとっておいてしまう習性があり(都会の生活は、これではいけないのかも、とか、人生楽しいことを後回しにしては、次回がいくらあっても足りない、と、最近は以前より早いのですけれど)、
凛恋というシャンプー、トリートメントセットをやっと使ってみました。



凛恋、でも、開けてみるなり、香りにうっとり‼。こんな香りは初めて!とても、オリジナル。

私が使ったのは、春限定の桜バージョンでしたが、他の香りも楽しみです。
そこで、スタッフにも小分けしましたが、好評です。また、コンディショナーでなく、トリートメントなのですね、髪がしっとりするとノーマルヘアのスタッフが気に入っておりました。

トラブルのある時用ではないですが、日常使いに、化学物質が少ないという点では良いと思います。


海外のお友達へのお土産にしたい香りでした。


Nerolila,この美容セラムはオーラソーマのようでかわいいですね。白い箱から出した時の色のコントラストが感動的。これも、化学物質がだいぶ少ないです。



いづれのものも、香りのセンスがとても良く、気分を高揚させるのに、とても良かったです。





添加物少ないお弁当発見‼


オイスターソースの中身とか、鶏肉についてはわかりませんけどね。

とりあえず保存料無しです。


あの...実物の方は画像撮る前に、すでに、お腹の中でした(^_^;)

マグネシウムの記事

これも、皮膚疾患には関係ない‼と思われがちですが、動脈硬化が進み、血流悪くなると、直接も、間接的にも悪化する皮膚疾患ありますので、参考にされてくださいね。



https://japanese.mercola.com/sites/articles/archive/2018/03/14/心臓のためのマクネシウム.aspx?utm_source=facebook.com&utm_medium=referral&utm_content=facebookmercolajp_ranart&utm_campaign=10192018_心臓のためのマクネシウム

パーム油


パーム油についての記事、シェアします。


トランス脂肪酸ですら、日本では規制する気配がないですが、パーム油も体に良くないです。発ガン性、といった場合、皮膚に直接悪影響を及ぼすわけではないですが、結局は、炎症を起こしやすくするので、皮膚疾患も悪化しやすいくなったり、シミもできやすくなったりすると思います。



https://biz-journal.jp/i/amp/2018/06/post_23576.html?fbclid=IwAR1ME2Mi4cTbmZ1XzFEDv-5tYsIEOMROG9DeMRGtjAh0Yi5neP3oIW_x7yo

リーキーガットになってしまった話・リポゾーマルすごいかも?

9月は、週末すべて、勉強会や、打ち合わせ、会合が入っていて、後半、チョコレートのカフェインであげている、という状態がつづいていたら。。。鼻水が止まらなくなり、腸が動かなくなりました(汗)。ちょっとくらいなら、大丈夫〜と調子に乗っているとそういうことになるのですね〜。本当にちょっとで済ませていればいいものを。。。つまり、腸で炎症を起こしているということ。

 

修復しなくては。。。

 

回復させるには、まず、ファスティング。とりあえず、固形物をやめます。多分カビも増えてるので、みそなんかもお休みで、塩水と酢水(アップルサイダービネガーを垂らした)だけ飲んでました。水にアップルサイダービネガーを垂らした酢水は、胃酸が出にくい方の、間食、食事のサポートに良いです。なぜか、普通のお酢と違います。一本あるとしばらく持ちます。

 

 

 

六君子湯とか、補中益気湯とか脾の気をあげたり、消化管を動かす漢方を飲むのもよいと思います。

 

あとは、ストレスをかけずに、やすんでゆっくりしてればいいのでしょうけれど、それなのに、今日は歯科の予約があったのです。いつも根の治療なので、お薬を交換して終わりなので侮っていたら、今日は麻酔の注射をしての処置が。。。案の定、帰りの電車で吐き気と脱力が出てきて、血の気が引いてきました。だって解毒するエネルギーないんだもの。。。そして、おそらく、ファスティングしてるから、脱水気味。

 

まずい!と思い、クリニックに寄って、リポゾーマルグルタチオンと、リポゾーマルビタミンCをプラズマウオーターでのみ、でもまだ買い物しておかなくてはいけなかったので、お店が閉まる!のでとりあえず出かけ、どんどん悪化するなら、ビタミンCセルフ点滴!と思っていたら、回復しました(うれし涙)。お腹がすいてきたので、18時間以上ファスティングしたので、少し食事をして、プラズマパルサーを受けたら、元気!

 

リポゾーマルタイプのリキッドのサプリは、有効成分を細胞膜と同じ成分のリポゾームでコーティングすることによって細胞内に入りやすくした構造なので、吸収がよい、というのはわかっていましたが、よく考えると、吸収に酵素が必要ない、細胞内どこでも入っていける、、、ということは、口腔粘膜からも吸収されていたのかも?

 

この冷や汗が出て、解毒ができない状態って、でも、何が自分に良くないか、嗅ぎ分けるチャンスでもあります。普段は大丈夫でも、この時、よくない、と感じたものは、特に普段から避けたほうがいいのではないかな?と思います。若干化学物質過敏症チックになっているのか私の場合、やはり、排気ガスはダメです。普段から、マスクをすべき、と思いました。

 

昨日のレクチャーで環境毒の検査の話や、マイトトキシンのお話も聞きましたから、おいおい、載せていきたいと思っています。

 

しかし、昨日のレクチャーでは、副腎疲労の人は、副腎疲労外来をするべきではない、という話が出ており、自分のケアを伝授しているような私は、どうしたらいいんでしょ?と思いましたが、よく考えれば、副腎疲労を日本でお話しし始めた、本間竜介先生ももとは、副腎疲労。コントロールをしっかりして、経験に基づく伝授をしていくのは、よいことなのではないかと。。。夜ふかし気味なのは、もうすでにイエローカードです。

 

続きはまた。。。

 

 

 

 

 

 

 

<<back|<1234567>|next>>
pagetop