December 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

ここまでグリフォサートが…

輸入小麦は、安価で、市販のお菓子などにも使われており、つまり、グリフォサートはだいぶ身近になってしまっています。



http://www.radiationexposuresociety.com/archives/12008 


2019/10/31付け足し


小麦ばかりではなかったようで、大豆、他のものにも、もう、グリフォサートが😱…‼


有機のもの選ばないと‼


有機でも、隣の田畑から農薬はどうしたって混入します。


本文から

日本でも収穫前にラウンドアップが国産大豆でも撒かれていることが明らかになりました。
北海道と福岡県では間違いありません。
ホクレンの農家へのチラシを読んでください。(写真)


https://blog.goo.ne.jp/1shig/e/8050ae7d879338c03eac31464fd24ac6 


度々この方のブログ引用してますが、元の農林水産大臣で、弁護士だった方です。


グリフォサートの体内への蓄積を調べる検査ありますが、出てる人います。


有機酸などと同じ方法で、朝一の尿で調べ



しばしば酢をすすめていますが、おすすめするものを載せておきます。


Braggのオーガニックなリンゴ酢

米国からの輸入です。

https://product.rakuten.co.jp/product/-/a15042644a6fca9d18a7efea0859e18d/?scid=sp_kwa_pla_dri&gclid=Cj0KCQjwgNXtBRC6ARIsAIPP7Rs73v4D_D3N7uykNgMzkEKDvPjRm8E8k1cXMGlc_Llw3LP4Z8-0Z9caAgDyEALw_wcB&gclsrc=aw.ds 


アリサンのリンゴ酢

これは、Carnivalにおいてました。

https://www.amazon.co.jp/アリサン-アップルビネガー-473ml/dp/B004N87YB8 


でも、日本にだって似たような酢ってあるはずで、多分こういうのが、相当すると思います



そして、carnivalにフランス🇫🇷のも見つけました。

いろいろ楽しくお使いください。


冷蔵庫保存


薄めて飲むことを忘れずに‼

簡単に作れるモロッコの焼き菓子

これ、セミドライのデーツの袋の画像です。使えないカスカスのナツメもあるので要注意。

グルテンフリー、カゼインフリーなお菓子です。ものすごく簡単^_^

オリジナルレシピはお砂糖ですが、これをデイツに変えるのがオススメです。

170度にオーブン予熱。

くるみ100g

アーモンド150g
砂糖40g(使うならせめてきび砂糖に‼)
ベーキングパウダー小さじ1
卵一個

これをフードプロセッサーで混ぜます。
天板にクッキングシートをしいておきます。
直径三から四センチに丸めてこの上に置いていきます。(面倒な時はティースプーンでおとします…食感は変わります)。
170度で約10分ベイクします。

取り出して冷まし出来上がり。

焼き加減は好みで。そもそも、そのまま食べてもいい材料なので、半生みたいな感じでもあまり問題なし。

カリッとさせたい時は、あと2、3分焼き時間を伸ばしますが、焦げやすいです💦

お砂糖をセミドライのデイツの種を除いて入れるともっとヘルシー。(これも、Carnivalまたは、成城石井で調達)デイツの量は50グラムくらいかな?

デイツは大棗といいまして、漢方の生薬でもあります。脾(消化機能)の働きを助けてくれるので、いろいろな方剤に入ってます。

砂糖抜きの場合、さらにバナナ一本いれますと、別な食感。

でも、少しずつ頂いてください。食べすぎは、やはり、カンジダにはよくないです!


ちなみに、このお菓子、Ghribasゴリーバ、という名前です。


なぜ砂糖はだめなのに、大棗はいいの?とも思いますが、要はバランスですので。おそらく、砂糖は、ダイレクトにスクロースだけがガーンと入ってるのがよくないのでしょう。デイツだって食べすぎは、炎症やリーキーガット起こすと思います。


有機酸検査

これ、4月に下書きでおわってた文


昨日、今日はセミナーです。

昨日は、有機酸検査OATについて、Dr. Woellerのレクチャー、検査の読み方、治療の実際を教えていただき、さらに知見を深めました。

久しぶりに英語で、わかりやすかったから通訳は話半分できいてたら、

‘ソノセラピー’...え?なんか新しい❓と思ったら、’Sauna therapy’でした💦

通訳さんもソノセラピーって言ってたような?


‘What is sono therapy?’ ‘ oh! Sauna is sauna, how do I say????’と質問したら、困ってましたが、発音を改めてきいたら、あ!なーんだ、サウナね。


米国では、家庭の普及率も高いのかも。友人宅で見たことあります。


Yesterday&today, I attend  seminar at Marunouchi by American Dr. Yesterday, mainly about OAT, organic acid test, checked by urine. 下はGFCFお弁当💕

この検査、尿だけで調べるから侵襲がないのですね。子供でもできます。腸内環境、エネルギー代謝(クエン酸回路、脂肪代謝、糖代謝)、メチレーション、解毒など、ほんと、いろいろなことがわかります。

デトックスのやり方も、改めて、今やってるやり方を肯定したり、うまくいかない場合は、次にこうしたら、なんてアドバイスをいただきました。

今日は、環境毒やカビ毒などのレクチャーです。


ラベンダーの効果がある人、ない人

ラベンダー、よく睡眠に効果があります、というのを目にするのですが、ラベンダーは、漢方的にいうと肝の気をしずめます(肝鬱化火、肝鬱血虚など)。

 

不眠にはいくつか種類がある様ですが、大まかにいって、入眠障害は、心の気の問題、中途覚醒は肝の気の問題と言われています。なので、ぐっすり眠れるのでしょうね。

 

ただ、脾虚(消化管の問題)がある人は、ラベンダーの香り苦手なことが多いです。ミントと合わせてあげると(ミントは消化吸収や、吐き気を助けてくれます)これが改善される人もいますが、ミント自体は、覚醒の方向に向いてしまうのでほんの少しだけ。むしろ脾虚の人の眠りはジンジャーを加えるといいかもしれません。または、発想を全く変えて、ラベンダーでなくバジルの精油を使うとか。

 

私はカルダモンの精油が好きです。これは、脾虚にもいいし(スパイス系の精油は一般的に消化管によいですね)、気持ちも落ち着けつつ、持ち上げもするという。。。バランスを取ってくれる精油ですから。

 

ただ、きっとストレス社会なので、肝鬱化火みたいな人は、とても多いので、ラベンダー、効果を感じる人は多いのでしょうね。

検査の解釈  1,5AG

1、5AG

しばしばクリニックで採血させていただいています。

 

これは、低い値ほど異常です(断食しているとか、妊娠中とかいくつかの例外はありますが)。12より少ないと、血糖が180mg/dl以上に瞬間的になっていることがある、ということを示唆します。

 

血糖は本来およそ80〜100ml/dlくらいの一定量に保たれている様にインスリンやらグルカゴンやら、いろいろなホルモンが働いて、調整しています。たとえ、糖質が、消化管から入ってこなくても、体に蓄えられた、グリコーゲン、脂肪やタンパクから血糖が作られて一定の値になる様になっています。体が常に同じ状態を保っていることをホメオスターシスと言い生きていく上でとても大切なことですが、これもホメオスターシスを保つシステムの一つです。

 

インスリンは、血液の中から、糖を細胞の中に入れる働きをします。インスリンが出なくなって、細胞の中に糖が取り込まれなくなり、血糖が常に高い状態にあるのが、糖尿病。糖尿病の指標でよく使われるものにはH bA1c(ヘモグロビンエイワンシー)というのがあります。これは、1ヶ月くらいの血糖の平均値。通常の健康診断では、血糖とH bA1cをみます。

 

でも、血糖が極端に上がったり下がったりする人がいます。H bA1cは正常だけど、食後に眠くなる、お腹が空くと手が震える、グタッとなる、イライラするなどの症状が出ることもあります。これも細胞の中になかなか血糖が入っていかない。。つまりエネルギー産生しにくくなっている状態です。この状態結構、大変です。過食になってしまったり、衝動的になったり、感情の起伏が激しくなったり。お腹はすくけど食べると、過食でお腹がもたれて苦しくなる→それで腸に炎症が起こる→皮膚炎を始めアレルギー症状が起こるなんてこともあるので、あながち皮膚に関係しないわけではありません。

 

糖尿病自体も、血流が悪くなりますから皮膚の異常を起こしますが、これとはちょっと違った症状です。

 

これを改善していくためには、甘いもの、アルコールなど、血糖をすぐにあげやすいものをを食べない(本当に症状がキツイときは別です。命に関わますから)、代わりに、食物繊維が含まれているものをたべて血糖をゆっくりあげるようにする、インスリンが出るようにする、などが必要になります。

 

インスリンを作るのには、鉄や亜鉛、そしてクロム、バナジウムといった微量元素も必要。これらのミネラルを効率よく吸収するのには、胃酸が出ていないといけません。意外と胃酸が出てない人って多いんですよ。そこで、酸っぱいものを食べましょう、というお話をよくしているわけです。Applecider vineger(アップルサイダービネガー)がいいですよ、と以前書きましたが、日本にもいいお酢ありました。きび酢です。カメで熟成させた生きた酢、というのが大切なんですね。酢の箱に入ってる紙に体験記で高血圧が治ったとか糖尿病が治ったとかいうことが書いてあるわけで、これって、多分一つには、上記の理由で鉄や亜鉛、そしてクロム、バナジウムなどのミネラル吸収できるようになった、というのもあるのではないかな?と思っています。

 

ちなみに、Applecider vineger、クリニックの近くのCARNIVALという雑貨屋さんにありました。クリニックから、中道通に抜ける通り、稲垣薬局西一条店のならび、リベストの手前にあります。

ALISANというメーカーのと、フランス“Delouis” (ドゥルイ)というメーカーの、“vinaigle de cidre ドウルイオーガニックシードルビネガー”です。きび酢は、各種お試しください。バラエティがあった方が楽しめていいかな〜と思います。

パスワード

いくつかのブログに、パスワードを別々に設定しています。

 

1。私が書きかけ

2。限られた人にだけ読んでほしい(無料)

3。限られた人にだけ読んでほしい(有料)

 

などの場合があります。ご希望の場合は、おしらせください。

 

 

これから大変なことが起ころうとしています(山田正彦先生のブログから)

読むなり、複雑な思いにかられました。

 

あ〜、もしかして日本って植民地??

それとも戦争がまだ続いているの?

確実に、政治、政府中枢機関に日本人でない人たちがはびこり、日本人や日本の国力を衰えさせる、政策が取られています。

報道も制限されているし。

 

マクロで見て、地球の人口爆発に対して、人口削減を考えていかなくてはいけない、のはわかります。

 

”夜と霧”を読んでいると、ナチスユダヤ人収容所で誰よりもユダヤ人につらく当たったのは、ユダヤ人の室長とか警備する人だったと書いてあったように記憶しています。現在の日本の政府の要人は、そういう人たちを彷彿とさせます。

 

病気の人増えるんだろうな。。。

 

 

(一番下にブログのページを載せておきました)

 

9月20日から米国では売れなかったゲノム編集の大豆、ナタネが輸入されることになりました。おそらく安倍首相が日米 FTAで約束した事ではないでしょうか。

これからはゲノム編集の大豆などを使って遺伝子組み換えではない豆腐、納豆、醤油、味噌などとして販売されることになります。

消費者庁の説明では、ゲノム編集はGMO(遺伝子組み換え)とは異なり、遺伝子を切り取るだけで新しい種の遺伝子を組み換えて入れてないので、従来のアミノ酸に変わりはないので安全ですと。
 
騙されてはなりません。
 
私は米国でゲノム編集について消費者、識者、学者はどう考えているかを調べました。

ゲノム編集について、会う人毎に聞きましが、誰も知りません。話しているうちに何だNew GMOのことかと解ってくれるのです。

米国では一般にゲノム編集はGMOの延長上のものだとされていて、日本政府が説明してるように違うものではないのです。

 

ゼンさんの紹介でGMOではネイチャー誌にも論文を載せた世界的な権威、カリフォルニア大学バークレー校のイグチヌアス・チャペル教授にインタビューできました。

 

同教授は最近、ドイツ銀行からゲノム編集について投資の継続の是非を相談されたのですが、私の説明を聞いて同銀行は投資を止めたのですと話し始めました。

 

ゲノム編集は、ある遺伝子を特定してクリスパーキャスナインの技術(モンサントが特許を取得)で切り取るのだと聞いていましたが、実際は破壊するのだそうです。

必ずまわりの遺伝子も傷つけ、さらに遺伝子は互いにコミュニケーションを取っているので、遺伝子の作用そのもののバランスが壊れ100%副作用が出ますと断言しました。

そして、2週間前に、乳量を増やすためにゲノム編集した牛の頭から角が消えましたとネットの写真を示し、これも副作用ですと。

どのような副作用が出るかについて莫大な時間と 費用をかければ調べることができますが、企業は ビジネスですから、調べることをせずすぐに商品にしているのが現状です。
 
日本でGMO について30年も調べてきた天笠啓祐さんがその副作用について 述べています。

中国でゲノム編集の双子の赤ちゃんも、父親がエイズに感染していたため、エイズウイルスだけを破壊したところ、思わぬ結果になったのです。

生まれた双子の赤ちゃんは、インフルエンザに感染すると重症になりやすい、認知機能に障害をもたらす可能性が高いなど、色々なことが分かってきているそうです。
 
シンプロット社のRNA干渉法によるじゃがいも のアクリルアミドを低減するものは、米国のEPA でアスパラギンを生成する遺伝子の働きを阻害するそうです。

アスパラギンは病原体に対する防除については 重要な働きをする大切なものです。

また、じゃがいもは時々黒くなりますが その黒い部分は、私たちは切り除いて食べています。

黒くならないようなゲノム編集をしたじゃがいもはそのまま食べてしまいますが、結果私達には血管を収縮させるチラミンを蓄積することになるそうです。

それらの事実を明らかにして本を出版した元モンサント社の社員カイハツロメオスさんは、現在行方不明だそうです。

チャペル教授は 大変な人格者で、私の不躾な質問にも丁寧に2時間もかけて説明していただき感動しました。

帰る際、 私が 長崎の平和の鐘のミニチュアを渡したら、チャペル教授は顔色を変えて、あの原子爆弾はこのバークレー校で作り、ここの港から テニソン島に運ばれました。

日本に大変申し訳ないことをいたしましたと 謝られたのです。

 

そしてこの原子爆弾とゲノム編集は 全く同じ物ですと。

 

化学は人間が利用しようとするものだけを取り出し他にどのよう 恐ろしいことが 生じてくるかを 知らせようとしないのです。

しかし諦めることはありません 。

いくら 政府が世界と逆走して日本だけがゲノム編集を安全なものとしても 、私たち市民は 戦う術があります。

種子法が廃止されて2年になりましが、年内に 少なくとも20の道県で種子条例ができそうです。

ラウンドアップについても 、 小樽市の お母さん達の署名で ダイソーが 8月の8日から販売をやめたように、ゲノム編集の規制を求めて署名活動 することも大切です。

また埼玉県の鴻巣市では市民が市議会議員を通じてラウンドアップの使用を禁止するように市議会に審議を求めました。

福岡県の宇美町では町のラウンドアップの使用を既に禁止しています。

このように請願、嘆願等を地方議会に求める市町村は 太田市 宇治市 塩尻市 伊奈町と増えています。 (週刊金曜日)

残念ながら 鴻巣市では 賛成小数で否決されましたが、二回三回と続けていけば、地方から、 ラウンドアップ同様ゲノム編集についても規制すること必ずはできると思います。

 

下記ブログからコピペしました。

https://ameblo.jp/yamada-masahiko/entry-12531028884.html?fbclid=IwAR1E-WfacrLhJc0Aps8CkdB5k3e0_5W5-8ewVObf-vEeVMlWpD2NJfGrtrI

<<back|<1234567>|next>>
pagetop